×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

喜寿 プレゼント

喜寿のお祝いの仕方

心をつかむサプライズプレゼント

 

喜寿のお祝いの仕方

 

基本的に喜寿のお祝いの仕方というのは、還暦に赤いちゃんちゃんこや頭巾がを贈るのと同じで喜寿では紫色の物をプレゼントすることになります。今では紫のちゃんちゃんこを贈るといった風習は少なくなってきているようですが、他のもので代用して紫色の何かを贈ると良いかもしれません。ですが、気持ちがこもっていればどんな贈り物でも喜んでもらえますので、紫色というのは参考までにしておいてもいいと思います。

 

喜寿というと77歳のお祝いなので、年齢的にも無理をさせるわけにはいきませんから、本人の希望や体調などを考えながら思い出に残るお祝いをしてあげることも大切です。
自宅ではなく、どこかお店を利用して喜寿のお祝いをする場合も、お祝いをされる方がの好きそうなお料理を選んであげたり、あまり体に負担のかからないおもてなしをしてあげましょう。自宅で喜寿のお祝いをする場合は、家族や親戚などを呼んで食事会などをしてあげると喜ばれるでしょう。

 

会の締めにはプレゼントを贈るといいでしょう。そこでおすすめなのがこちらの名前の詩です。これは主役の方のお名前使ったオリジナルの詩です。

 

上の画像を見ていただければわかりますが、詩の頭文字を右から左に読むとお名前になっているのです。職人の方が一点一点詩を考えて、丁寧に筆書しているというこだわりのプレゼントです。感謝の気持ちやお祝いの気持ちを詩に込めているというわけですね。

 

ご注文からお届けまで5〜8営業日というのも嬉しいですね。

 

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

喜寿のお祝いの仕方に決まりはありませんので、お祝いをされる方の一番喜ばれる方法を考えてあげるとお祝いをする側もされる側も気持ちよくその日を迎えることが出来ると思います。