×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

喜寿 プレゼント

やっぱり花を贈ると喜んでもらえます。

喜寿や米寿などといった長寿のお祝いにお花を贈る方はとてもたくさんいらっしゃいます。ですが、お花を贈るときの注意点としては、下向きに咲く傾向のある花や、下に垂れるような花は、「首がたれる」と言って嫌がる方もいるといいますから、この点は気をつけながら、縁起もよくて、きれいに咲くお花を選ぶことが大切です。

 

また大輪の菊は、お葬式や告別式で供えるお花なので、決してお祝いの席に贈ってはいけません。また、ネリネという花も、色も鮮やか素敵なのですが彼岸花のイメージがある方もいらっしゃいますので、お祝い事で贈ることは避けた方が無難だと思います。また、花束をまとめるラッピングのリボンも黒やグレーではなく喜寿の色の紫色にしてみたり、明るく華やかな色でリボンを付けてあげるといいと思います。

 

そして、喜寿の記念に花束を贈るなら喜寿を迎える方の好きなお花にしてあげた方が喜ばれることは間違いありません。また、77本のバラを贈るなんていうのも、しゃれていてとてもびっくりされるのではないでしょうか。普段お花を贈ることもあまりないと思いますし、誕生日ですらお花をもらったことのある方もそんなにはいないと思います。長寿のお祝いだからこそ、普段はあまり贈らないようなものを贈ってあげると贈る側も贈られる側も新鮮で喜びも一入ではないでしょうか。